子どもが不登校になったら親はどうすればいいのか

子どもが不登校になってしまったら

子どもが不登校になってしまったら、親はどうしていいものかわからないものです。
うちの場合は子どもが小学生の頃に不登校になりました。
いじめが原因です。
入学当初からいじめが始まり、小康状態のころもありましたが、6年生のころにさらにひどくなって学校へ行けなくなってしまったのです。
もちろん先生方が何もしてくれなかったわけではありません。
担当の先生はもちろん、校長先生までもが解決に奔走してくれました。
ただいじめの問題は根が深く、加害側の協力なしでは解決できません。
そもそもきちんとした親の元で育ったのなら、ひどいいじめをするような子どもにはならないわけで、ここにいじめ問題解決の難しさがあるのです。
残念ながら私達だけでは解決することはできず、卒業式にも保健室から出席するという状態で小学校生活は終わりました。

子どもが不登校になってしまったら | 不登校の時期には、親も手探りの状態です | いろいろな選択肢があるのだと柔軟に考えておくこと