子どもが不登校になったら親はどうすればいいのか

いろいろな選択肢があるのだと柔軟に考えておくこと

うちの子の場合は外にも出なければいけないと思っていたようで、散歩に行きたいと言い出したときにはよく二人で近所を歩いていました。
その時に交わす会話は、今から思えば子供にとっても親にとっても必要なことだったと思っています。
現在のところ、うちの子どもは何とか中学校へ通えています。
環境が変わったり、新たな友人ができたことで今のところは頑張れているようです。
ただ同じ小学校からきている子どもたちもおり、時折挫折しかけることもあるようで、そんな時は学校を休ませるようにしています。
体の成長とともに、困難に打ち勝つ心の成長を待つばかりです。
私の経験上、子どもが不登校になると、周りから隔絶され、どんどん置いて行かれるような気になってしまいます。
それは決して子どもだけではありません。
親も含めていろいろな選択肢があるのだと柔軟に考えておくことは非常に大切ではないかと思います。

子どもが不登校になってしまったら | 不登校の時期には、親も手探りの状態です | いろいろな選択肢があるのだと柔軟に考えておくこと